ホームページ > 廈門仏事用品展とは

廈門仏事用品展とは

第13回中国廈門国際仏事用具品(秋季)展示会は2018年10月18日(木)-22日(月)の5日間、福建省アモイ市の厦門国際会議展覧中心で開かれます。

 

回の展示面積は110,000㎡に達し、「第10回中国廈門国際素食と有機製品(秋季)展示会」と「2018中国廈門国際茶産業(秋季)博覧会」と併催、。台湾、香港、日本、韓国、マレーシアなど13ヶ国と地域からの仏事用具生産販売関係者がこちらで集まります。世界でも注目の仏事用具展として、仏事用品取引の世界的な広がりが伺える展示会となります。



 

同展も過去11回の開催を経て、国際的な仏事用具の貿易商談・交流の場として認知され、中国国内はもとより海外からも多くの仏事用具生産販売関係者や仏教界、また国内の一般市民などからも注目を集める展示会に成長します。

 

今回の厦門仏事用具展示会は厦門国際会議展覧中心のB館とC館で開催、出展企業社が千社も超えます。仏事関係の展示製品は、仏像(木彫、陶磁器製品、銅製品、石彫仏など)、仏壇、仏具(木魚、太鼓、鐘)、線香、灯具、ローソク製品、ガラス製品、紙製品、僧侶の衣服、書道・絵画、音楽製品、法器、仏教生活用品、工芸品、禅雰囲気の装飾品、寺院建築関係など様々な仏事関係用品が展示されます


会期:2018年10月18日(木)~22日(月)(五日 

会場:厦門国際会議展覧中心

主催者:厦門会展金泓信展覧有限公司

公式サイト:www.buddhafair.com

ブーズ数:6,000

出展企業:1000社以上

展示会の面積:110,000平方メートル

搬入日:2018年10月16日(火)~17日(水)

搬出日:2017年10月22日(水) 16:00から


 なぜ厦門仏事用品展示会を選ぶ

1 厦門仏事用具展は世界一の仏事用具展と見られます。第13回展示会の規模、参会の国と地域、展示された製品の種類、展示された製品のレベルなどは最高記録を更新しました。

2 専門の仏事用品のメーカー、バイヤー、ディーラーを集まり、アモイ仏事用品展が仏事用品業界の交流プラットフォームとなりました。

3 第10回中国厦門国際素食と有機製品(秋季)展示会、2018中国厦門国際茶産業(秋季)博覧会が同時に開催されました。禅、お茶、素食3つの文化要素完璧的に結びつき、互いに輝いています。

同じ会場にて、中国海峡両岸仏門書画展、香道演示、禅・生活・SHOWなどのイベントもあります


5っつの付加サービス
1 会社の紹介を無料でカタログに掲載されます。

2 仏事用品のディーラー、バイヤーと向かい合って、潜在客を掘り起こします。

3 出展社の潜在客は無料でVIPとして展示会を見ます。

4 知的財産権を保護し、オリジナルを激励します。

5 参会の用意と投資収益率の最大化とのアドバイスを無料で提供します。