ホームページ > 出展のご案内 > 出展のルール

出展のルール

 

一、出展資格

1.厦門金泓信展覧有限会社は厦門仏事展の管理機構で、展示会に関する仕事を担当しています。あらゆるの出展申し込みは金泓信の確認後に効力が発生することになります。

2.管理機構は出展社を選択する権利を持っています。管理機構からの書面確認を受け取った前、たとえ出展費用を支払っても無効です。

3.ブースは、展示会期間に出展社の業務推進用だけです。ブースの飾りと運用方式は管理機構の出展ルールにかないなければいけません。そうでないと、 管理機構はブースを処理する権利があります。処理する費用は出展社側が受け持つことになります。出展ルールにはっきり規定していること以外、支払った費用を返却することができません。

4.あらゆるの出展品は必ず中国の法律に遵守ことになります。偽物・品質よくないものは出展してはいけません。

 

二、支払

1.出展社は予定どおりの期限に予約金を支払うことになります。 期限が過ぎれば、予約は無効になります。

2.出展社は予定どおりの期限に全額を支払うことになります。期限が過ぎれば、出展しないと見なして、予約されたブースを取り消します。ただし、まえに払った予約金が返却しないことになります。

3.管理機構が展示会を行わないときは別として、予約金あるいは全額が支払った後、出展社は出展しないと、どういう理由もかかわらず支払った費用は返却しないことになります。

4.出展費用を全額支払わないのなら、管理機構は出展品を差し押さえる権利が持っています。

 

三、ブースの分配

1.管理機構はブースを割り当てる権利があります。ブース位置の最後決定権を持って、展示会の需要によければ、ブースの位置を調整する権利があります。

2.展示会期間のブースは、出展社自社だけに借り、ほかの企業と分かち合うことは禁止です。出展社がいったん違反すると、管理機構はブースの使用権を撤回する権利があります。次回の展示会を申し込む資格の審査にも参考する重要な条件になります。

3.出展社はブースをほかの企業に譲り渡したら、あるいは仏事展に関係ない製品を売りつけたら、こういう行為が展示会のイメージを影響与えるから、管理機構はブースの使用権を撤回する権利があります。そして出展社の責任を追及して、次回の申し込む資格も取り消すことになります。

 

四、以下の行為は、ご注意!

1.出展社は積極的に中国の各種の規則や制度を守ります。展示会現場に中国国家利益と社会安定を損ねる言論の散布は厳禁、ブースの飾りにもそのような字句現れないようにしてください。でなければ、関連部門は中国の法律に基づき厳しく処理することになります。

2.宗教を利用して中国国家制度を妨害する活動を行うことは厳禁です。でなければ、関連部門は中国の法律に基づき厳しく処理することになります。

3.出展社自社のビラだけ配布願います。ほかの企業の資料を配布すると、管理機構は出展資格を撤回する権利があります。

4.展示会の主催者側からの宣伝資料だけご配布願います。でなければ、管理機構は即座に出展資格を取り消し、そのうえ出展社の責任を追及し賠償を要求します。 

5.展示会に来られる僧侶・菜食者を尊重するように、肉食は展示館に持つことをしないようにお願います。肉食はロビーにある地下レストランにお召上がってください。