ホームページ > 廈門仏事用品展とは > 会場の紹介

会場の紹介

 厦門国際会議展覧中心は廈門の東のコーストに位置していて、台湾島と一衣帯水です。

小金門と4.6キロメートルばかり離れています。景色がうずくしいし、交通もとても便利です。

 

 

 2000年から、厦門国際会議展覧中心は展覧、展覧、博覧、会議、文化娯楽・スポーツ活動、情報取引、貿易を集まっている現代的な展覧センターになりました。第一期のセンターの敷地面積は47万平方メートル、延べ床面積は16万平方メートル、広場の面積は32万平方メートルです。2500個国際標準ブースを設置できて、中・高級の会議室が約30間あって、四つ星ホテルもあります。

 

 ホールの前のロビーは約5000平方メートル、高さ18.5メートル、3000人の活動も行われます。ホールの総面積は5万平方メートルに近い、2200個国際標準ブースが設置できます。すべてのホールを合わせて使うこともできるし、C1,C2,C3,C4,C55個のホールを別々に使うこともできます。各ホールの面積はいずれも6560平方メートル、中央から両側への高さは7.6メートル、10メートル、15メートルで、グランドロードは1トン/平方メートルと3.5トン/平方メートルです。両翼には柱なしのホールがあります

 

  ホールの中に排水、電源、コンピューターのポットなどがあまねく分布しています。ホールの後ろには貨物を卸すプラットフォームがあって、大型なコンテナートレーラーが直接にホールに入ることができて、大型な展覧会を行う条件に達します。センターの三階に小型ホールがあって、面積は約2000平方メートル、小型展覧会などが開催されます。ロビーから小型ホールにエレベータがあります。

 

 センターの2階から30間の中・高級会議室があって、総面積5510平方メートルです。各会議室の面積は48平方メートルから2164平方平方メートルまでです。そのなか、4階の国際会議室の面積は684平方メートル、400個座席があります。6チャンネルの同時通駅システム、大型マルチメディアプロジェクターなどの現代的な会議設備も配備されています。センターの最上階に2164平方メートルの大型マルチファンクションホールがあって、1500人の宴会や2000人の集会などが行われます。そのた、センターの両翼に面積は6000平方メートルの屋上庭園もあり、休みと海の景色を見るいいところになります。

 

   展覧、会議などの活動を行うために、本館に貴賓室・応接室・海見室・インフォメーションセンター・ビジネスセンター・レストラン・カフェなどと、展覧会開催期間の税関・商品検査・動物植物検査・衛生検査・銀行なとの臨時事務所も設置されています。輔階にも客室と娯楽・飲食・ショッピング・フィットネスなどの場所や施設があります。